ALC|外壁塗装工事|株式会社K’s

オフィシャルサイト お問い合わせはこちら

ALC|外壁塗装工事|株式会社K’s

ALC|外壁塗装工事|株式会社K’s

2020/09/23

株式会社K’sのブログを見て頂きありがとうございます。

 

今回はALCについてお話していきます(^^)/

 

上記の写真は現場調査にお伺いした際の写真になります。

チョーキングし、クラック(ひび割れ)が発生していました。

外壁の種類はモルタルやサイディングの他に

ALCと呼ばれるものがあります。

Autoclaved  Lightweightaerated Concreteの頭文字をとったもので

日本語に訳すと高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリート

という意味で、簡単に言うと軽いコンクリートです。

ALCの特徴として、高温・高圧での製造過程により

長い耐久性とモルタルに比べてクラック(ひび割れ)が

入りにくい特徴があります。

ただ、サイディングと同じでALC事態に防水性があるわけではなく

塗装をする事により、防水性を保っています。

 

ALCは構造上内部に鉄筋やメタルラスが組み込まれているので

コーキングの切れや剥がれ外壁のクラックを放置していると

防水性がない為、クラックから雨水が浸入し内部の鉄が錆びたり

雨漏りの原因になります。
錆びた鉄筋は膨張し、周囲のALCも壊してしまいます。

 

ALCは強いですが塗装とコーキングによって

守られてこそ、その強さを維持できるものになります。

 

 

モルタルやサイディングも同様に塗装やコーキングで

耐久性を維持していますので、早めの塗装をお勧めします。

 

相談・点検・見積り無料でさせて頂いておりますので

お気軽にお問い合わせください。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。