日本の住宅の寿命は短い?|外壁塗装|株式会社K’s

オフィシャルサイト お問い合わせはこちら

日本の住宅の寿命は短い?|外壁塗装|株式会社K’s

日本の住宅の寿命は短い?|外壁塗装|株式会社K’s

2021/01/11

株式会社K’sのブログを見て頂きありがとうございます。

 

海外ドラマ等に出てくるお家を見て

広くて豪華だなと感じる方も多いのではないでしょうか?

 

最近は日本の住宅も欧米に近づいて広くなってきていますが

まだまだ差がありますよね。

 

日本の住宅が欧米に比べて広さの他に差をつけられている点が

もう一つあるのですが、何だとおもいますか?

 

実はお家の寿命なんです!!

 

日本の住宅寿命は、欧米の約半分

欧米の住宅の寿命は、約60年から100年と言われています。

それに対して日本の住宅の寿命は約30年と欧米の約半分になります。

 

日本の住宅は、木造が多いから寿命が短いんじゃないの?

と思われるかもしれませんが

欧米の住宅も木造住宅が中心です。

そして、日本でも長持ちしている木造建築があります。

 

日本の建築は「木の文化」と言われていますが

多くの歴史的な木造建築物が、数百年維持されているんです。

さらには世界最古の木造建築物と言われる「法隆寺」は

1300年前の木材が現在も多く残っているほどです。

 

それらの歴史的建造物が数百年にわたって維持されているのは

メンテナンスのおかげなんです。

 

そして日本の住宅の寿命が短い大きな理由の一つが

メンテナンスにあります!!

 

日本の住宅のメンテナンス費用は欧米の約半分

国土交通省がまとめた資料「住宅投資に占めるリフォームの割合の国際比較」

によると、平成23年度の住宅投資費用のうちリフォーム費用の割合は

イギリスが57.3% フランスが56.4% ドイツが76.8%

と50%を超えているそうです。

 

それに対して日本の住宅投資費用のうちリフォーム費用の割合は

27.9%でヨーロッパの約半分だそうです。

 

この数字から住宅のメンテナンスであるリフォームへの投資額が

住宅寿命に反映されてると言えるでしょう。

 

風や雨、太陽による紫外線に直接さらされている

外壁や屋根は劣化しやすいので

ご自宅の寿命を長持ちさせるために

定期的なメンテナンスをお勧めします(^^)/

 

相談・点検・見積り無料でさせて頂いておりますので

お気軽にお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。