下塗りの必要性は?|外壁塗装|株式会社K’s

オフィシャルサイト お問い合わせはこちら

下塗りの必要性は?|外壁塗装|株式会社K’s

下塗りの必要性は?|外壁塗装|株式会社K’s

2021/08/20

株式会社K’sのブログを見て頂きありがとうございます。

 

今回は、お客様から良くいただく

ご質問の中にある“下塗り”についてです!

完工してくると下塗りは

見えない部分になるので

『下塗りをしないと、どうなってしまいますか?』

『下塗りは、必要ですか?』

とご質問いただく事がおおいので

下塗りの必要性について

ご紹介していきたいと思います(^^)/

 

下塗りの主な役割の1つは

下地と上塗り塗料を接着する役割があります

これは、上塗り塗料だけだと、下地に塗料がしっかり

密着しない為です。

もし、下塗りを行わないと塗膜が

ボロボロと剥がれてしまう恐れがあります。

塗膜の剥がれを防ぐ為にも

下塗りが非常に大事になってきます。

 

また、下塗りをすることで外壁に塗料が

吸い込まれるのを防ぎます。

これは、外壁によって塗料を吸収しやすい

材料で出来ているからです。

もし、塗料を吸収しやすい外壁に

下塗りを塗らずに上塗りを塗ってしまうと

余計な塗料を消費してしまいます。

そのため、上塗り塗料が

外壁に吸収されないためにも

下塗りをしっかり塗布することが大切です。

 

屋根・外壁塗装では少し聞きなれない

用語が出てきたり、難しい用語に

不安に思うことがあるかもしれませんが

株式会社K’sでは、写真などを使い

少しでも分かりやすくお客様に

お伝えしたいと思っております。

 

相談・点検・見積り無料でさせて頂いておりますので

お気軽にお問い合わせください♪

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。