外壁塗装に火災保険は適用できる?|外壁塗装|株式会社K’s

オフィシャルサイト お問い合わせはこちら

外壁塗装に火災保険は適用できる?|外壁塗装|株式会社K’s

外壁塗装に火災保険は適用できる?|外壁塗装|株式会社K’s

2021/08/30

株式会社K’sのブログを見て頂きありがとうございます。

 

もうすぐ台風シーズンということもあり

今回は“火災保険”についてお話していきたいと思います!

 

『火災保険を申請すれば外壁塗装は無料で出来ます!』

こんな勧誘を受けたことはありませんか?

 

実は、この勧誘は半分本当で半分ウソになります。

火災保険がおりれば外壁塗装を無料にする事は

確かに可能ですが、すべてのケースに

火災保険が下りるとは限らないためです。

 

■外壁塗装に火災保険を適用するための条件は?

外壁塗装に火災保険が適用できる条件を

まとめると、以下の3つになります。

 

①外壁・屋根の破損が災害によるものである

②被災から3年以内に申請を行う事

③損害の補修にかかる費用が

火災保険の免責金額を超える事

 

ご自宅がこれらの3つの条件に当てはまっていれば

火災保険で外壁塗装を行うことが可能です。

それぞれの条件について、もう少し

詳しく説明していきたいと思います。

 

①外壁・屋根の破損が被害によるものであること

先述のとおり、前提として火災保険が

外壁塗装に適用されるのは

“災害によって外壁・屋根に補修・塗装などが

必要になった場合のみです”

 

つまり、同じ外壁・屋根の破損でも

原因が火災か自然災害でなければ

火災保険の補償は受けられません。

ここでいう自然災害とは

風災・雪害・豪雨などです。

水害(洪水・高潮など)は、プランによって

補償の対象外なので注意しましょう。

 

②被災から3年以内に申請を行うこと

“火災保険が適用できるのは、被災してから

3年以内の補修工事についてのみです”

 

例えば『5年前の台風が原因で外壁塗装が

必要になった』といったケースでは

火災保険が適用できないので

注意しましょう!!

 

なお、実費で既にリフォーム工事を

行ってしまっていても、3年以内であれば

工事の請求書をもとに保険申請することも可能です。

 

③損害の補修にかかる費用が火災保険の

免責金額を超えること

火災保険には、免責金額といって

“この金額以下の補修は自己負担で直してください”

という基準になる金額があります。

保険のパンフレットなどでは、自己負担額と

表記されているものです。

 

この免責金額を下回った補修工事の場合

火災保険は適用されないので注意しましょう。

 

保険の内容にもよりますが、火災保険の

免責金額はおおよそ20万ほどで

設定されているのが一般的です。

 

■外壁塗装に火災保険がてきようできないケース

外壁塗装に火災保険が適用される条件は

上記でお伝えした3つですが

逆に火災保険が適用できないケースは

以下のようになります。

 

①外壁・屋根の破損の原因が経年劣化の場合

②外壁・屋根の破損の原因が人的なものである場合

③外壁・屋根の破損の原因が施工不良の場合

 

災害以外の原因での火災保険適用は不可と

覚えておくのが分かりやすいかもしれません(*^^*)

 

 

次回は火災保険の申請の流れなどを

紹介していきたいと思います!!

 

相談・点検・見積り無料でさせて頂いておりますので

お気軽にお問い合わせください♪

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。