堺市西区|S様邸|屋根塗装|モニエル瓦|乾式コンクリート瓦|マイティシリコン

オフィシャルサイト お問い合わせはこちら

堺市西区|S様邸|屋根塗装|モニエル瓦|乾式コンクリート瓦|マイティシリコン

堺市西区|S様邸|屋根塗装|モニエル瓦|乾式コンクリート瓦|マイティシリコン

2021/09/08

株式会社K’sのブログを見て頂きありがとうございます。

 

今回は堺市西区S様邸の屋根塗装について

更新していきたいと思います!

S様邸の屋根はモニエル瓦で

正式には“乾式コンクリリート瓦”と呼ばれ

乾式洋瓦と言う事もあります。

 

モニエル瓦の特徴は、機能面と

デザイン面が非常に優れているという事です。

 

■【機能】耐震性・断熱性が高い

モニエル瓦は、主成分がセメント砂であるために

日本古来の粘土瓦(和瓦)よりも軽量です。

そのため、耐震性・断熱性に優れている

とても機能性の高い建材です。

ただ、セメントは水分を吸収すると劣化してしまう

モニエル瓦も塗装によるメンテナンスが必要です。

メンテナンスをすることで40年~50年以上

使い続けられます!

 

■【デザイン】着色スリラーにより色彩豊か

モニエル瓦はデザイン性が非常に高いのが特徴で

様々な形状、色彩のものがあります。

“着色スリラー”という着色剤を表面に塗っており

“スリラー層”という層を形成しています。

 

■塗装必須!築10年前後で現れる劣化症状

モニエル瓦は、築10年前後で塗装をしましょう。

なぜなら、新築時の塗膜が紫外線や雨風によって

劣化し、屋根材が傷み始めるのがこの時期だからです。

遅くても15年頃までには塗装してあげましょう(*^^*)

 

10年程で現れ始める代表的な劣化症状を

紹介していきたいとおもいます!

1つでも当てはまっているなと感じたら

塗装メンテナンスを検討してみて下さい。

 

1.色褪せ

遠目に屋根が見えたとき表面が色褪せて

くすんで、ぼんやりした色に見えてきます。

 

2.カビ・苔の繁殖

モニエル瓦が水分を含んでジメジメした状態になると

カビや苔の胞子が付着して

根付いてしまいます・・・

カビや苔は瓦の内部に根っこを張っていくため

モニエルの主成分であるセメント事態をもろくしてしまいます。

 

3.ひび割れ・欠落

厚みがあるモニエル瓦も経年劣化でひび割れてしまいます。

セメントは水を吸うと膨張し

乾くと伸縮するため、その動きで負荷がかかる為です。

ひび割れを放っておくと、ひびが広がり

やがて欠落もおきてしまいます。

 

モニエル瓦を塗装する際は“モニエル瓦適用”の

塗料を使用しなければなりません

 

今回S様邸で使用した塗料は

“マイティシリコン”になります!

乾式コンクリリート瓦(モニエル瓦、スカンジア瓦

クボタ洋瓦)への塗り替えには最適な

2液油性シリコン塗料です。

弱溶剤で環境に優しく、シリコン樹脂の採用により

耐久性・耐候性に優れます。

シーラー工程を省略して施工が可能なため

2回塗りになります(^^)/

 

屋根の塗装が完了したS様邸の屋根が

こちらになります♪

 

劣化してきていた屋根も綺麗になりました!

次回でS様邸の塗装工事が完工になるので

良ければチェックしてみてくださいね✓

 

相談・点検・見積り無料でさせて頂いておりますので

お気軽にお問い合わせください♪

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。