マスチック工法とは?|外壁塗装|株式会社K’s

オフィシャルサイト お問い合わせはこちら

マスチック工法とは?|外壁塗装|株式会社K’s

マスチック工法とは?|外壁塗装|株式会社K’s

2021/04/30

株式会社K’sのブログを見て頂きありがとうございます。

 

外壁塗装にはさまざまな工法がありますが

今回は“マスチック工法”について

ご紹介していきたいとおもいます(^^)/

 

■マスチック工法の特徴

マスチック工法とは、多孔質なマスチックローラーで

厚塗りをする工法です。

多孔質とは、多くの細孔を持つという意味で

毛質のローラーとは異なり

硬めの塗装材料を沢山含ませられるため

厚みをつけて塗装することが可能になります。

その為、平塗工法の場合㎡に0.30~0.50の塗布量に対して

マスチック工法だと㎡に0.80~1.50の塗布量になります。

 

この工法は、外壁に密着しやすいという特徴があり

外壁に直接雨水が当たらないという点があるので

防水性が高まります。

これらの理由から、マスチック工法は建物の防水性を向上させます。

 

 

今回はマスチック工法についてご紹介しましたが

どの工法が向いているかは、住宅によって異なりますので

ご自宅にあった工法での塗装を業者さんと相談しながら

決めていってくださいね♪

 

相談・点検・見積り無料でさせて頂いておりますので

お気軽にお問い合わせください(#^.^#)

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。